PHEV

| トラックバック(0)
まぁ一番だろうねぇ。

現時点での最も燃費の良いクルマっていったら
ハイブリッド + EV

これでしょうね。

つまり、エンジン + モーター + バッテリー + 外部充電
これですよ。これ。

そして、その仕組みは
PHV
あるいは
PHEV
と言えるものですね。

プラグインハイブリッドヴィークル

あるいは

プラグインハイブリッドエレクトロニックヴィークル
なのかな?

ですね。

これが一番燃費がいいと思います。

最終的には全部EVになるのかもしれませんが、
充電技術が、もっともっと進化する。
というか、バッテリー技術がすさまじく進化しないと
本格的にガソリン車の代替品にはなりえない
ってことなんですよねぇ。

うん。

なので、PHEVが一番効率的なものなんですよね。

充電ができて、バッテリーが持つ間は
バッテリーで稼働する。
そのあとはエンジンを稼働させて、通常のハイブリッドとして稼働する。

これが、一番効率的なんですよねぇ。
でも、その分システムが複雑になり、
そして値段が高くなる。
まぁつまり、コストで考えると
普通のガソリン車が一番安いってことなんですけどねw

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://cyber-gooshop.com/mt/mt-tb.cgi/131

このブログ記事について

このページは、morimoriが2018年9月 5日 08:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なんでも病気」です。

次のブログ記事は「F2後継機」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。